看護師転職の基礎知識 失敗しない転職先探し

看護師転職の基礎知識 看護師の実態と転職・離職傾向

過去10年間(平成16年〜平成25年度)の看護師国家試験の合格者数を見てみると、
毎年46,600人の新卒看護師が誕生しています。
看護師国家試験の合格率は、約90%

 

しかし、新卒看護師の多くが、看護師という職業に対して、
思い描いていたものとのギャップから、離職を考える人・転職を考える人も非常に多いのが、
看護師という職業の実態でもあります。

 

新卒看護師で転職を考えない方は居ないとまで言われる程です。
実際の統計データとして、1年目に離職または転職をする、
新人看護師は約10%とも言われています。

 

つまり、看護師1年生のうち、1割の人が転職をしたり、
看護師を離職したりしているんですね。

 

 

過去の職場から、希望の転職条件を考える

 

でも、そういった入職先を経験したからこそ、

 

「もう、こういう病院では働きたくない。」
「こういう病院で働きたい!」
「この病院、忙しすぎ・・・。もっと勤務体系のしっかりしてる病院がいいな・・・。」
「先輩が、まともに仕事を教えてくれない・・・。」

 

なんて、色々な不満やビジョンが見えてくるはずです。

 

だからこそ、他の職業よりも、転職する事でより自分のライフプランにあった、
転職先が見つけられるのも、看護師の特徴です。

 

 

ワークライフバランスの改善が第一。給与・待遇改善も

 

新卒看護師の多くは、
勤務体系の厳しさ(忙しさ)や人命を預かると言うプレッシャー・先輩看護師や師長の厳しさから、
かなり肉体的にも精神的にも疲弊してしまう方も多いと聞きます。

 

中には、ナースコールの幻聴や心電図モニター・酸素飽和度モニターのアラーム音の幻聴が聞こえるほどにまでなってしまう方もいるようです。

 

そういった方々こそ、転職を考えてみてほしいと思います。
教育制度や勤務体系の院内制度が整っている病院を選ぶことで、
ワークライフバランスは劇的に改善します。

 

実務軽軽の長い方は、転職によって、
待遇改善とともに、給与アップを実現するケースが大半です。

 

常々、看護士不足と言われていますが、
最近では、看護士不足による病床削減などに追い込まれている病院もある為、
まだまだ売り手市場と言えます。

 

今が転職のチャンスの時期なのかもしれません。

 

次回の項目で、転職活動を始めるまでに、
考えておくべきポイントをご紹介してみたいと思います。

 

看護師求人サイトランキング

 

特徴で選ぶ看護師求人サイト

看護師求人情報掲載数で選ぶ

 

看護師求人情報の掲載数で選ぶなら、ナース人材バンク。
国内最多の掲載数22万件を誇る点が、口コミでも高評価のサイトです。

 

ナース人材バンク公式サイト

 

求職者の顧客満足度で選ぶ

 

楽天リサーチによる、看護師求人サイトの求職者満足度ランキングで、
堂々の1位となった「ナースではたらこ」
取材から職場の雰囲気まで、リアルな情報を入手する為に、
キャリアコンサルタントが実際求人先に赴く点が満足度にも表れていますね!
逆に、掲載数が少し少ないのが難点。

 

ナースではたらこ公式サイト

 

給与アップの実績で選ぶ

 

看護のお仕事のレビューページでも書いていますが、
転職成功者の給料アップの満足度が高いサイトという事でも実績があります。
看護師転職エージェントを使うメリットの一つに給料交渉もコンサルタントが行ってくれるというメリットがあります。
交渉力が強いという点でもプラスですね♪

 

看護のお仕事公式サイト

 

このページの先頭へ戻る